コーヒーをブレンドする理由は?ストレートやシングルオリジンってなに?

最終更新日:
コーヒーをブレンドする理由は?ストレートやシングルオリジンってなに?

喫茶店やファミレスなどでよく見かけるブレンドと名付けられたコーヒーですが、普段何気なく飲んでいても「何をどうブレンドしているのか?」といった基本的なことを知らなかったりしますよね?

「ブレンドって言うくらいだから、いくつかのコーヒー豆を混ぜているんでしょ?」と考えた方が多いと思いますが、それで正解です。

しかし、なぜブレンドをしているのか明確な理由まで答えられるでしょうか?

ここでは、そんなブレンドコーヒーについてまとめていきながら、ブレンドとは正反対の「ストレート」や「シングルオリジン」といった種類のコーヒーもご紹介しています。

ぜひ、奥深いコーヒーの世界について触れていってみてください。

ブレンドコーヒーとは?なぜ豆同士を混ぜ合わせるのか?

それではまずブレンドコーヒーの簡単な説明からですが、ブレンドコーヒーの定義はいくつか(2種類以上)のコーヒー豆を混ぜたものとなります。

お店によっては2種類であったり、また3~4種類を混ぜたりと、そのバリエーションは様々です。

そして、何故コーヒー豆をブレンドするのかという点についてですが、これには大きく2つの理由が挙げられますので、それぞれをご覧ください。

味が美味しくなる

まずひとつ目は、単純に「美味しくなるから」といった理由です。

コーヒー豆は産地によっていろいろな特徴があることでも知られていますよね。

そしてその特徴同士を混ぜ合わせることで、より美味しいコーヒーを淹れようとした発想がブレンドです。

たとえばある国の豆はコクと苦味が魅力的だけれど、酸味が足りなくてスッキリとした後味が出にくい。
また、ある国の豆は全体的に味のパンチ力はないが、その分スッキリとした酸味と後口が特徴的

となると、この両方を混ぜればオリジナルの「良い味わい」が楽しめることになるわけです。

もちろん単純に半分ずつ混ぜればいいというわけではなく、それぞれの特徴に適したバランスと配合が必要。

こうして豆同士の特徴を最大限に活かすことによってブレンドコーヒーは優れた味わいを発揮してくれますので、そこは豆を調合する会社・お店の腕の見せ所といった感じですね。

もちろんコーヒー好きの方の中には、豆を購入してきて自宅で自分好みのブレンドを楽しむ方もいらっしゃいます。

品質にバラつきがないようにする

コーヒー豆をブレンドする2つ目の理由としては、「品質を一定に保つ」という役割があります。

コーヒー豆というのは収穫してからどんどんと味わいが変化していくものですから、いつも同じ味を楽しむためには新しい豆と古い豆をあえてブレンドして一定のバランスを保つ必要があるわけです。

この場合は同一の種類の豆をブレンドさせているわけですが、ここにほかの種類の豆を混ぜ合わせることで、より均一な味わいをキープすることができるとされています。

コーヒーは苦味・甘味・酸味・香り・コクといった要素で判断される飲み物ですが、全体のバロメーターを一定にするためには、ブレンドという作業が不可欠とも言えるでしょう。

もちろん、単一の豆の味わいを楽しむというのもコーヒーの飲み方のひとつですので、次にストレートやシングルオリジンといった用語についても見ていきましょう。

ブレンドとは正反対のストレートやシングルオリジン

いくつかの種類の豆を混ぜ合わせ、常に一定の味わいをキープするというのがブレンドコーヒーの特徴であるならば、ストレートシングルオリジン豆の強みも弱みも一緒に味わうというところが特徴的な部分です。

まずストレートというのは、単一の豆をそのまま焙煎して淹れたコーヒーのことですね。

いわゆる「キリマンジャロ」や「ブルーマウンテン」といった銘柄のことを指しています。

また、シングルオリジンというのも似たようなイメージなのですが、さらに細かく産地や農園を指定して販売されているものをシングルオリジンと呼びます。

感覚としては、同じお米・コシヒカリでも農家の方が違うと味わいも変わるといった感じですね。

どこの国のどの農園の豆を好むのか、というところまでこだわっているコーヒー好きの方はよくチェックをしているかと思います。

ブレンドコーヒーやストレート・シングルオリジンについてのまとめ

ご覧いただいたように、コーヒーには豆同士を混ぜて淹れる方法と、そのままの豆を焙煎して淹れる方法の2つがあります。

もちろん味わいに優劣というものはありませんが、印象としてはブレンドの方が安くてシングルオリジンの方が高いといった感じです。

比較的、万人に飲みやすいように販売されているのがブレンドの特徴であり魅力でもありますので、これからコーヒーを飲み始めてみようかなという方は、やっぱりブレンドコーヒーから入っていくとその味わいが受け入れやすいのではないでしょうか。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約52円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんと通常価格の最大15%OFF! マシン本体費用14,800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
20種類以上の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 さらにスターバックスのコーヒーも自宅で手軽に味わうことができます♪ 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

アイスコーヒーも飲める?
アイス専用カプセルも販売中!

暑い日も氷を入れてドルチェグストをお楽しみいただけます。

コーヒー基礎知識の関連記事