塩コーヒーとは?どんな味?作り方や発祥の地、メリットや効能をご紹介!

最終更新日:
塩コーヒーとは?どんな味?作り方や発祥の地、メリットや効能をご紹介!

ブラックコーヒーに塩を入れると美味しくなるって噂を聞いたんです!でも本当にコーヒーと塩って合うんですか?

「塩コーヒー」は海外では意外と普通で、エチオピアをはじめとしたコーヒー原産国では昔から塩コーヒーが飲まれているそうじゃ。

ここでは、そんな塩コーヒーについて詳しくご紹介していきながら、作り方や味などについてもご説明しています。

また、塩コーヒー発祥の地や効能についてもご覧いただけますので、ぜひ興味がある方はチェックしていってくださいね。

塩コーヒーの作り方と味の秘密

塩コーヒーの作り方は至ってシンプルじゃ!淹れ立てのブラックコーヒーに塩を入れるだけじゃぞ!

分量はほんのひとつまみ程度。あまり入れすぎないようにしましょう。

コーヒーに塩を入れるとどんな味になる?

塩コーヒーは酸味や苦味が少なくなりマイルドな味わいです。

なぜ塩を入れるだけで味が変わるんでしょう?

    味覚は

  1. 酸味
  2. 苦味
  3. 甘味
  4. 塩味
  5. うま味

の5つで成り立っています。

この5つの味覚は別の要素を加えると味を打ち消したり強調したりする関係にあるんです。

たとえば甘味のある料理に塩をひとつまみ加えると、甘味が強調されたりする。
これは「味覚の強調効果」

スイカに塩をかけて食べるのも「味覚の強調効果」じゃな。

ブラックコーヒーは酸味と苦味の要素を持つ飲み物です。

コーヒーに塩を入れると「酸味・苦味」+「塩味」になり酸味と苦味が抑制される。
これは「味覚の抑制効果」

塩が入ると「味覚の抑制効果」が働くからコーヒーがマイルドな味わいになるんですね!

塩コーヒー発祥の地はエチオピア

実は海外では昔から塩を入れてコーヒーを飲んでいました。

特にコーヒーの産地としても知られるエチオピアでは普通の飲み方で、必ずと言っていいほどコーヒーには塩を入れるそうです。

そうだったんですね。でもなんで塩を入れるようになったんですか?

そもそも、エチオピアを代表するコーヒー豆の種類「モカ・シダモ」を含め、同国では酸味の強いコーヒー豆が栽培される傾向にありました。

そのまま飲むと非常に酸っぱく感じるコーヒーをより飲みやすくするために塩を入れ始めたんじゃな。

科学が発達する前から先人たちは経験則からコーヒーに塩を入れるとマイルドになるのが分かっていたのでしょう。

また、エチオピアではトルココーヒーのように粗挽きのコーヒー豆に直接熱湯を注いで飲むスタイルが一般的だったようで、上澄みだけを飲むのが普通とされています。

そのため、結果としてダイレクトに酸味を感じるコーヒーが出来上がるので、塩を多用していたのではないかと言われているようです。

現在では、アフリカのいくつかの国でも同じように塩コーヒーを飲む地域があるとわかっているんじゃ。

やはり共通して酸味を抑制する効果を期待して塩を加えているようですので、古くなって酸味が強調されてしまうコーヒー豆を飲むときなどには塩を加えてみるのもいいかもしれませんね。

塩コーヒーのメリットや効能

実は塩コーヒーにはダイエット効果があるといわれています。

本当ですか!?コーヒーに塩を入れるだけでダイエットに繋がるなんて…。どんな効果があるんですか?

    塩コーヒーのダイエット効果

  1. ブラックコーヒー
    脂肪を分解・燃焼する効果
    食欲を抑制する効果。

  2. 血行を促進し老廃物を速やかに排出する効果が高まる。

効果から見て分かるように実はブラックコーヒーはダイエット向きの飲料でもあるんじゃ。

もちろん塩分の摂り過ぎは身体に良くはありませんが、コーヒーに加えるひとつまみ分くらいは問題ありませんので、ぜひダイエットをしている方は試してみてください。

また、先ほどもご紹介しましたが、古くなって酸味が増したコーヒーをマイルドな味わいにして飲めるので、ちょっとだけ経済的でもあります。

はじめて行った喫茶店のブレンドが酸味強めだったりしたら塩を入れればマイルドに飲めますね。覚えておきます!

塩コーヒーを毎日手軽に作るならコーヒーマシンがおすすめ

ボタンひとつでコーヒーが淹れられて便利

現在販売されているコーヒーマシンだと専用のカプセルから本格コーヒーが淹れられるタイプがおすすめです。

密閉されたカプセルは常温保存できたり賞味期限が1年と長持ちなタイプが多く、手軽に新鮮なコーヒーがいつでも飲めます。

塩を入れるだけのアレンジでよりおいしい有名喫茶店のコーヒーが飲めるのもカプセル式コーヒーマシンの利点です。

ネスカフェドルチェグストならスターバックス、キューリグなら英國屋やUCC、トミヤコーヒーなどカプセルが豊富なんじゃ!

ネスカフェドルチェグスト

キューリグ

塩コーヒーのまとめ

  • コーヒーに塩を入れると酸味・苦味がまろやかになる
  • 塩コーヒーはエチオピアやアフリカの国・地域では一般的な飲み方
  • 塩コーヒーはダイエット効果も期待できる

ブラックコーヒーが苦手で砂糖やミルクを入れる方も、糖分が気になるならぜひ一度は「塩コーヒー」を試してみてください。

きっと、いつもよりまろやかになったコーヒーを楽しめるはずです。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大29%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事