「ネスレ」「デロンギ」「UCC」3社コーヒーメーカー徹底比較!初めてコーヒーメーカーを買うならどれ?

最終更新日:
「デロンギ」「ネスレ」「UCC」3社コーヒーメーカー徹底比較!

毎日コーヒーを飲んでいると、自宅でコーヒーメーカーを買ったほうが美味しいしコスパもいいのでは?
そう思ってコーヒーメーカーを探してみると、予想以上にたくさん種類があってどれを選べばいいのか
悩んでしまいますよね。

今回は「初めてコーヒーメーカーを買う」という方に向けて、有名な3つのメーカー

  • デロンギ
  • ネスカフェ
  • UCC

この3つを比較してみました。
コーヒーメーカーを買う前に注意しておくこと、選ぶポイントなども合わせてご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

3つのコーヒーメーカー、それぞれの特徴について

ネスレのコーヒーメーカーの特徴

ネスレのコーヒーメーカー

  • バリスタは累計販売台数300万台超えの人気製品
  • カプセル式のドルチェグストは宇治抹茶やラテマキアートなどミルク系メニューも豊富
  • 定期便を利用すると本体を無料でレンタルできるサービスがある

ちなみにドルチェグストで飲めるカプセルラインナップはこちら。

ドルチェグストカプセル一覧

ちょくちょく新商品も発売されているようです。

デロンギのコーヒーメーカーの特徴

デロンギのコーヒーメーカー

  • 専属のデザイナーがおり、デザインがオシャレ
  • マシンのラインナップが豊か
  • 10万円以上する全自動コーヒーメーカーから5000円台のドリップコーヒーメーカーまで価格帯もさまざま

全自動のミル付きコーヒーメーカーといえばデロンギ。

価格はそう簡単に手を出せるものではありませんが、自宅で豆から挽いてコーヒーを飲みたい!という方は最終的にデロンギに行き着くのではないでしょうか。

価格・使い勝手から見て初心者向けというよりもやや上級者向けです。

UCCのコーヒーメーカーの特徴

UCCのコーヒーメーカー

  • 日本茶・紅茶も飲める
  • 専用のドリップポッドと、粉のレギュラーコーヒーの両方使える
  • 静穏設計なので静か

ざっくりとタイプ別で分けると、

デザイン重視ならデロンギ
音が気になるならUCC
コスパやメニューの豊富さで選ぶならネスカフェ

各メーカーからさまざまなタイプのコーヒーメーカーが発売されていますので
きっと自分に合ったコーヒーメーカーに出会えるはず!

コーヒーメーカーを選ぶポイントその1/飲みたいコーヒーの種類はなにか

コーヒーメーカーを選ぶさいに抑えるべきポイントはたったのふたつ!
まずは飲みたいコーヒーの種類について

普段、どのようなコーヒーを飲んでいるかによって選ぶコーヒーメーカーも変わってきます。

・ドリップコーヒーしか飲まない
・エスプレッソやカプチーノも飲む
・コーヒー以外にもお茶や紅茶なども楽しめるものがいい

あなたはどれに当てはまりますか?

毎日決まった銘柄のコーヒーしか飲まない!という方や、コーヒー以外にも色んな味を楽しみたい、という方もいらっしゃいますよね。
自分に合った用途が分かるとコーヒーメーカーの種類も絞られてきて選びやすくなります。

コーヒーメーカーを選ぶポイントその2/コーヒーメーカーのタイプはどれがいいのか

次に、コーヒーメーカーのタイプについてご紹介します。
コーヒーメーカーは大きく分けて4つのタイプに分かれます。

カプセル式

ドルチェグスト
(ネスカフェ/ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム ¥9800)

カフェポッドと似ていますが、カプセルの場合は完全密封のためより風味を逃がさず、コーヒーを淹れる直前まで新鮮さを保てることが利点です。

ネスカフェではドルチェグストの他にエスプレッソ専用のコーヒーマシン「ネスプレッソ」もあり、こちらも同じカプセル式のコーヒーメーカーです。

カフェポッド式

UCCのコーヒーメーカー
(UCC/ドリップポッド DP2 ¥19440)

カフェポッドとはプレスされたコーヒーパウダーが1杯分ずつパックされたものです。
コーヒー豆を挽く必要がなく、手軽にコーヒーを淹れられるのが特徴。
UCCのドリップポッドは日本茶紅茶も楽しむことができます。

ドリップ式

デロンギ

(デロンギ/アクティブ シリーズ ICM14011J-R ¥5966)

最もポピュラーなコーヒーはこのドリップ式になります。

挽いたコーヒー豆にお湯を注ぎ、ペーパーや金属製のフィルターを通して抽出されたコーヒーのこと。
ペーパーフィルターを使う場合はそのコストがかかりますが、豆を自由に選ぶこともできる自由度の高い製品。

コーヒー豆は酸化すると味が落ちてしまうので味にもこだわる方は自宅で豆を挽くことのできるミル付きの物や、別売りでコーヒー豆を挽くグラインダーを購入するのがいいでしょう。

ミル付き全自動

デロンギ マグニフィカ
(デロンギ/マグニフィカ S ECAM23120BN ¥129600)

全自動のコーヒーメーカーといえばデロンギ。

好みの豆を使用し濃さや量も自由にカスタマイズすることができます。
ミルクを泡立てることも可能なので、カフェラテやカプチーノなどミルクベースのメニューも楽しむことができます。

コーヒーメーカーの最高峰!といえますが、その分マシン本体の価格は上がっていき軽く10万円を超えるものもありますので、
全自動はとことんコーヒーの豆や作り方にもこだわりたい!という上級者向けのものかもしれません。

コーヒーメーカーは味ももちろんですが、「使いやすさ」や「後片付けがいかに楽か」という点も長く使う上で重要なポイントになってきます。

使い勝手で言えば、やはり1杯ずつ抽出できて後片付けも楽なカプセル式のネスレのマシンかドリップポッド式のUCC。

コーヒー以外にミルク系のラテやカプチーノも楽しみたいのであればネスレのドルチェグストがオススメです。

ネスレ、デロンギ、UCCの代表マシンの比較

3社コーヒーメーカー比較
ネスレ、デロンギ、UCCの代表マシンの特徴とそれぞれどういった人にオススメなのか、「初心者向け」という観点から以下の3機種を比較してみました。

コーヒーメーカー ドルチェグスト デロンギマグニフィカ ドリップポッドDP2
機種名 ジェニオ2プレミアム マグニフィカSスペリオレ ドリップポッドDP2
タイプ カプセル 全自動 ドリップポッド
本体価格 9800円 129600円 19440円
1杯あたり 約55円~ 約15円~ 約68円~
メニュー 抹茶・チョコチーノもあり コーヒー系のみ 日本茶・紅茶もあり
コスパ ★★★
定期便を利用すればマシン無料レンタル、カプセルも最大10%オフ。
★★☆
1杯あたりの単価は安いが、マシンが高い。
★☆☆
1杯あたりの単価が高い。
★★☆
メニュー豊富でお湯の量も調節できるため自分好みの味にすることができる。
★★★
豆から挽いているだけあって新鮮で香り豊かなコーヒーを味わうことができる。
★★☆
スペシャリティコーヒーも楽しむことができる。
手入れのしやすさ ★★★
カプセル式なので普段のお手入れは水洗いのみでOK。
★★☆
パーツを取り外すことができ、給水タンクも洗うことができる。
★★★
ドリップポッドなのでポッドホルダーを取り外して洗うだけ。
操作性 ★★★
レバーでお湯の量を設定し、抽出するだけ。誰でも簡単に操作することができる。
★☆☆
慣れるまでは、スチームの操作などは少し難しいかも。
★★☆
ポッドをセットしてボタンを押すだけ。粉を使う場合は少し手間がかかる。

本体価格からまず手を出しやすいのがネスレのドルチェグスト。1万円をきっています。

また、コーヒーを定期的に買うことでマシンが無料レンタルできるサービスもありますので「まず試してみたい」という方にピッタリ。

マシンの特徴やメリット

    ドルチェグスト

    ネスレ/ドルチェグスト ジェニオ2プレミアム

  • カプセル式なので後片付けが楽
  • メニューは15種類以上、カプチーノやラテマキアートなどミルク系のメニューも豊富
  • 約1分でコーヒーが飲める手軽さ
    デロンギマグニフィカ
    デロンギ/マグニフィカSスペリオレ

  • エスプレッソがメイン
  • 豆を使うので1杯あたりの単価が安い
  • 長く使うほどお得
    ドリップポッドDP2
    UCC/ドリップポッドDP2

  • 静穏設計なので静か
  • 日本茶、紅茶も飲める
  • 操作が簡単

マシンの口コミ

ドルチェグスト
豆や粉だと使いきれずに酸化してしまっていたので使いきりタイプが助かる
子供でも簡単に操作できる
味は美味しいけどぬるいかんじがする
デロンギマグニフィカ
デザインがかっこいい
壊れやすいという口コミがある(保証は1年間/修理代は8,000円~)
お手入れがしやすい
ドリップポッドDP2
お手入れがしやすい
使い始めはニオイが気になる
インスタントより断然美味しい

どういう人にオススメか

ネスレのコーヒーメーカー

  • コーヒー以外にも色んな味を楽しみたい
  • 操作や後片付けが簡単なコーヒーメーカーが欲しい
  • いきなりマシンを買うのではなくレンタルで試してみたい

デロンギのコーヒーメーカー

  • デザイン重視
  • 本格的な全自動コーヒーメーカーが欲しい
  • コーヒー豆にもこだわって、手間をかけても美味しいものが飲みたい

UCCのコーヒーメーカー

  • カフェポッドのコーヒーが飲みたい
  • 粉も使いたい
  • お茶や紅茶も飲みたい

ネスレとUCCの定期便比較

「ドルチェ グスト」は定期便を利用するとマシンが無料でレンタルできるのですが、実はUCCのドリップポッドにも定期便があります。どう違うのか、どちらがお得なのか比較してみました。

コーヒーメーカー ドルチェグスト ドリップポッドDP2
機種名 ドルチェグスト ドリップポッドDP2
マシン価格 0円 19,440円
月のコスト(48杯分) 2,640円 3,900円(2年目以降は2,900円)
解約について 4回目以降はいつでも 4回目以降はいつでも
違約金について なし 12回未満の場合は(12回-利用回数)×1,620円の支払いが必要

UCCはマシンをレンタルするのではなく分割で購入という形になっています。

コスパの面ではマシンが無料レンタルできるドルチェ グストが断然お得です!
※ネスレの定期便解約時はマシンの返却が必要です(送料自己負担)

ネスレ、デロンギ、UCCのおすすめポイント!

ドルチェグスト

  • 累計販売台数450万台を超える人気のコーヒーメーカー!
  • コスパ・味・使いやすさすべてにおいてバランスの取れた製品
  • 「コーヒーメーカーが欲しいけどどれにしたらいいか分からない」という方はまず定期便を利用したマシン無料レンタルがオススメ♪

デロンギマグニフィカ

  • デザイン重視ならデロンギ
  • コーヒーメーカーに合わせて同デザインの電気ケトル、トースターもあるのでデザインを統一してオシャレなキッチンにしたい方にオススメ

ドリップポッドDP2

  • ドリップポッドといえばUCC
  • 静音設計なので音が気になる方、コーヒー以外に日本茶や紅茶も楽しみたいという方にオススメ

3社コーヒーメーカー比較まとめ

3社のコーヒーメーカーをそれぞれ比較してみましたが、初心者向けで見るとネスレのコーヒーメーカーが断然オススメ

いきなりコーヒーメーカーを買うのはちょっと・・・という方も、マシン無料レンタルなら万が一合わないと思ったときにも解約できます。
(※定期便利用4回目以降なら違約金なしでいつでも解約可能)

普段の生活をちょっぴり贅沢にしてくれるコーヒーメーカー、色々試した上でお気に入りの一台を見つけることが出来たらいいですよね。

実際に使ってみないとわからないこともあると思いますので、ぜひ一度気軽にお試しください。

ネスレでは「ドルチェグスト」以外にも、「バリスタ アイ」「ネスプレッソ/ピクシークリップ」でマシン無料レンタルのお得な定期便を利用することができます。
各詳細については以下のリンクからご覧ください!

コーヒー基礎知識の関連記事