ネスカフェドルチェグストのカプセル処分方法は?分別は必要?

最終更新日:
ネスカフェドルチェグストのカプセル処分方法は?ポイントを解説

「使用後のカプセルはそのまま捨てて大丈夫?」
「ゴミの分別をどうすればいいか分からない。」

手軽にコーヒーが楽しめるネスカフェドルチェグストですが、使用後のコーヒーカプセルの処分に困る方も少なくないのではないでしょうか。

たしかにカプセルはプラっぽいけど中身は・・・燃えるゴミ?

たしかに分別は少し難しいかもしれんのう。

ドルチェグストの使用済みカプセルの処分方法について、次のポイントを抑えておきましょう。

  • そのままゴミ箱に捨てると液漏れの可能性がある
  • 付属の専用ゴミ箱+ポリ袋の使用がおすすめ
  • 分別が必要な自治体の場合、カプセルの中身を繰り出して捨てる

ドルチェグストのコーヒーカプセルの処分方法や、処分する際の注意点についてご紹介します。

カプセル処分の注意点

使用後のコーヒーカプセルの中にはコーヒー粉が残っている

ドルチェグストのコーヒーカプセルの中には、ドリンクの元となるコーヒーの粉やミルクパウダーが入ってます。

抽出後はそのコーヒー粉やミルクパウダーの残りカスや、カップに落ち切らなかったお湯が残っています。
それらに注意して処分することが大切です。

使用後のカプセルから液漏れの可能性がある

使用済みカプセルの中には、コーヒー粉に染み込んだお湯や、抽出残りが溜まっています。

使用後のカプセルを見ると、小さな穴が空いています。
ドルチェグストはカプセルに針で穴を空け、その穴からお湯を注入するシステムなのです。

つまり、使用後のカプセルはその穴から液漏れしてしまう可能性があります。

そのままゴミ箱などに捨ててしまうと、ゴミ袋が汚れるだけでなく、生ゴミ臭さの元になってしまうことも。

一見プラスチックゴミに見えるコーヒーカプセルですが、中にはコーヒー粉の残りや乳成分、抽出残りのコーヒーが入っていることを心に留めておきましょう。

付属の専用ゴミ箱の使用がおすすめ

ドルチェグストのゴミ箱

そこで、ドルチェグスト購入時に付属される専用のゴミ箱を使用することがおすすめです。

使用済みカプセルの専用ゴミ箱は、網状のバスケットと受け皿の二重構造になっています。
カプセル内に残った水気を受け皿に落とし、水気を切った状態で使用済みカプセルを捨てられる仕組みです。

しかし、受け皿に溜まったコーヒーを捨てて洗う手間や、あたたかい季節は溜まった水分の臭いが気になることもあります。

そこでおすすめなのが、専用のゴミ箱にポリ袋をセットして使用する方法です。

万が一ポリ袋が破れても、受け皿が水気を受けてくれるので心配いりません。
通常のゴミ箱と分けることで、その後の分別も楽に行えます。

専用ゴミ箱はカプセルが大体10個ほど捨てられる容量なので、1日3杯飲んで3日ほどと、ゴミ捨ての周期にもちょうど良い方が多いのではないでしょうか。

コーヒーカプセル分別方法は自治体によって異なる

コーヒーカプセルの処分方法について、可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ごみと、分類は各自治体によって異なります。

自治体が指示する分別方法に応じて、カプセルの分解を行なった後に処分する必要があります。

使用後のカプセルは分解が可能

使用後のコーヒーカプセルは、外側の容器と中身のコーヒー粉やミルクパウダーに分解することができます。

外側の容器は炭化水素系プラスティックでできています。
使用後のカプセルを分別する場合は、次の手順を参考に分解してみてください。

  1. 使用済みのカプセルは熱湯を含んで熱いため、冷めていることを確認する
  2. 表面のシール部分を切り取る。ハサミやナイフで切り込みを入れた後は、手で剥がすことが可能
  3. カプセル内にある透明のシールを取り除く
  4. カプセル内に入っているコーヒー粉やミルクパウダーを取り出す
  5. 空のカプセルを洗浄する

以上で、表面のシール、透明のシール、コーヒー粉・ミルクパウダー、空の容器の4つに分解することができます。

ハサミなどで容器自体に切り込みを入れると、縁などで指先を怪我する可能性があります。

切り込みは表面シールに入れるようにし、カップを破損させずに分解すると安全に分解ができます。
また、中のコーヒー粉や液体が飛び散る可能性があるので、汚れても良い場所で分解すると安心です。

参考元:「使用済みカプセルの分別廃棄に関して | 「ネスカフェ ドルチェ グスト」」

廃棄方法は各自治体によって異なる

分解したカプセルの容器や中身は、各自治体によって分別方法が異なります。

分別が厳しくない地域は、使用後のカプセルをそのまま捨てても問題ない場合もあるでしょう。

各自治体が案内する分別方法に従って、破棄しましょう。

まとめ

ドルチェグストカプセル

ドルチェグストで使用後のカプセルは、中に熱湯が残っていることがあるから処分するときは火傷に注意するのじゃ!
そのままゴミ箱に捨ててしまうと液漏れの可能性もあるぞ。

分別方法は各自治体によって異なります。
基本的にはどのドリンクもカプセルの仕様は同じなので、一度分別方法をチェックしてしまえば様々な種類のドリンクが気軽に楽しめます。

楽しいコーヒータイムの参考にしていただければ幸いです。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約55円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんと通常価格の最大10%OFF! マシン本体費用9800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
全22種類の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 味にこだわるならこの『ドルチェグスト』がオススメです! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

バラエティカプセルセットが貰える!
定期便申込みで今なら17杯分/1,480円のカプセルが貰える!

バラエティカプセルセットには11種類のカプセルが入っているので、その中からあなたのお気に入りが見つかるかも?!

ネスカフェドルチェグストの関連記事

01.一押し記事
02.口コミ・評判・マシン比較
03.定期便について/変更・解約など
04.マシンの使い方/お手入れ
05.カプセル/アクセサリー関連
06.困ったときのトラブル対処法
07.新着情報・NEWS
08.豆知識